陰部が黒ずみの時に取るべき対策について

陰部が黒ずみの時に取るべき対策について方法をお伝えしていきます。
MENU

陰部が黒ずみの時に取るべき対策について

デリケートゾーンが黒ずんできたとなると、穏やかではなくなります。
黒ずみの原因はいくつか考えられますが、そのひとつに皮膚の新陳代謝の乱れがあります。

 

◆デリケートゾーンの黒ずみは新陳代謝の乱れ
新陳代謝はターンオーバーとも言い、つまり皮膚細胞の入れ替わりのことです。
デリケートゾーンの皮膚も、もちろんターンオーバーがおこなわれています。
ちなみにターンオーバーがなされるのは生きている証拠です。
ですから、生きている限り、ターンオーバーが乱れることがあり、それが黒ずみを誘発します。

 

 

◆妊娠・出産の黒ずみは防御反応
妊娠した、あるいは出産を済ませたという時にデリケートゾーンの黒ずみが目立つことがあります。
黒ずみの原因は外からの刺激を受ける皮膚が防御反応でメラニン色素を作り出すからです。
妊娠時すると、母体は本能的に出産でダメージを受ける皮膚を守ろうとしますから、
メラニン色素の生成が活発になり、その結果黒ずみになります。

 

また、皮膚のターンオーバーが乱れがちになるので、デリケートゾーンや乳首、乳輪に黒ずみができます。
出産の後はターンオーバーが以前の状態に戻るので、黒ずみは徐々に薄くなりますが、
デリケートゾーンの特に外陰部は出産でダメージを受けるので、黒ずみが完全に改善さらなくなります。

 

 

◆30代以上は新陳代謝が衰える
人には加齢がつきものですが、加齢は血行や新陳代謝を低下させます。
つまり年齢が重なる過程でどうしても新陳代謝機能が衰えるので、黒ずみができやすくなります。
30代を超えると黒ずみが強くなるのは宿命とも言えます。
また、新陳代謝とホルモンバランスも関係があるので、
できるだけ新陳代謝とホルモンバランスを活性化するために
抗酸化作用がある食べ物などで、加齢減少を遅らせる対策がとられます。
まとめると、デリケートゾーンの黒ずみ対策は、摩擦での刺激を避け、適切な保湿をおこない、
新陳代謝とホルモンの状態を正常に保つことです。

 

このページの先頭へ